日本刀女子が急増中!!で、ブームに乗っちゃおうっと

25.2015 日々のこと 0 コメント 0 トラックバック
先日、図書室にやってきた女の子たちから「日本刀の本」をリクエストされた。図書室で探してみたもののそれらしい本は見つからず。とにかく日本刀の話で盛りあがる彼女たちがすごく楽しそうだったので、とりあえず新刊の購入候補へ。

調べてみると、この刀剣女子ブームのきっかけは、オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。

オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」公式サイト


実在した日本刀や、伝説の刀剣を擬人化したキャラクター“刀剣男士”を育てる育成シュミレーションゲーム。イケメンぞろいの“刀剣男士”にハマる女性が続出しているという。
ブーム到来!“刀剣女子”がハマる日本刀の魅力とは? << yahooニュース

う~む、これって女子中学生がハマるようなゲームなの?


まぁ、きっかけはなんであれ興味を持つのはよいことなので、早速、日本刀に関する本をいろいろチェック。

  

 ・ 日本刀図鑑 (別冊宝島 2346)
 ・ 日本刀 (別冊宝島 2288)



図説・日本刀大全―決定版 (歴史群像シリーズ)』 なんかこれ、よさそう。




刀匠たちの手によって生み出され、一振りごとに時代や所有者の物語を宿した名刀たち。ゲームに登場する名刀男子にちなんだ情報が手に入る、ゲームユーザー押しの『物語で読む日本の刀剣150 (イースト新書Q)




名刀物語なら『日本刀と武士 その知られざる驚きの刃生 (じっぴコンパクト新書)』も気になる。



ほかにもなにかおすすめがあったら教えてください(*^_^*)

関連記事

夏の水の半魚人

18.2015 夏の本棚 0 コメント 0 トラックバック
201505171431533ae.jpg
アクアマリン福島のシーラカンスとともに。

夏の水の半魚人 (新潮文庫)
前田司郎/著 2013/5 

第22回(2009年) 三島由紀夫賞受賞

お母さんの初恋のハマチから名づけられた魚彦。
転校生の海子はみんなの輪からはずれていく。
車いすの今田は願いをかなえるため、ガラスのかけらを集めている。

魚彦の5年生の夏――。

少しズレていて、そう断言するほどの奇妙さはなく。なにかを疑いはじめたり、なにかに苛立ちはじめたり、「子ども」と「少年」を行ったり来たりするあのころの、うまくつかめない居心地の悪さのようなものがあります。

児童書と思ったら、純文学。

読み終えてなんだかよくわからなかったなぁと思い、あとがきを読み、また、ぴんとこない。私は通ってこなかった、男の子特有のなにかしらが織り込まれているのだろう、と締めくくることにして。


◆Amazouで詳しく見る

夏の水の半魚人 (新潮文庫)
前田司郎/著 2013/5 

◆続けて読むなら

百日紅

14.2015 伝記・史実 0 コメント 0 トラックバック
20150511133742a93.jpg

百日紅 (上) (ちくま文庫)
杉浦日向子/著 ちくま文庫 上下巻


江戸風俗研究家・杉浦日向子さんの漫画。実は、彼女が漫画を描いていたとは知らなかったのです。

日本が誇る浮世絵画家・葛飾北斎と、北斎の画才を受け継いだ次女のお栄、そして江戸の人たちの暮らしぶりがうかがえます。さばけていても純なお栄の好感度が高かったのはもちろんのこと、北斎とお栄ふたりの気ままな生活ぶりが気に入った。特に、散らかしっぱなしの部屋の中で、自分だけの創作に打ち込めるのは、もう憧れだわ。


書店で本棚をざっと探すも見つけられず、書店員さんに尋ねると、すぐに持ってきてくれるという。ところが、なんだか様子がおかしい。バタバタと探しまわる店員さん。私も一緒になって、ちくま文庫の棚、時代小説の棚、あげく私が「漫画なのですが、もしかして…」なんていうものだから、漫画コーナーまでくまなく見てあるくが、出てこない。在庫は5冊あるというのに不思議。気づくと書店員さんは3人に増え、大がかりな捜索隊となっている。「ちょっとどんな本かめくってみたかったんです」 な~んてことは言えず、「おまたせしました~」と笑顔で手渡してくれた本を、しっかりお持ち帰りさせていただきました。

きわどい春画や艶っぽいシーンもちらほらあり、学校図書館への購入検討は見送りますが、リアルな江戸の暮らしぶりを知るにはとてもいい漫画。子どもたちにもこっそり読んでほしいので(なぜこっそり)、購入して正解。

余談ですが…男娼なんて職業があったんですね・・・

◆ 映画も楽しみ。
  映画『百日紅』公式サイト

◆ Amazonで詳しく見る
  

百日紅 (上) 』 『百日紅 (下)


 HOME 

いま読んでます



ノエル: -a story of stories-
道尾秀介/著
(新潮文庫 2015/2)

今月のおすすめ特集

管理人

管理人*ゆう   Instagram
プロフィール
わたしの愛読書
うさぎの庭

■ 参加コミュニティ ■
レビュープラス

ゆうさんの読書メーター
■ ランキング ■

なつかしのあの本…

子どものころ大好きだった本、復刊させませんか?
絶版や品切れで手に入らなくなった本を、みなさんの投票で復刊させます。

アクセスカウンター

ようこそ。本とのいい出会いを。

AD